離婚マンション、ローン一括。あと賃貸。

不動産の価格でごたごた揉めるのは嫌なので適正価格を早く知りたい

売却までの工程がたくさんあると面倒に感じる
離婚で何かと大変なため、トラブルなくスムーズに家を売却したい
不動産知識や相場価格はサッパリで騙されないか心配。
離婚の財産分与において、マンションの評価額というのはどうやって算出されるの?
相続が控えているので、自分の家の価値を知っておきたい
子供がいるから学校の校区や今住んでいる環境をあまり変えたくない

不動産の売却について考えただけで色々とやることがあって、一人だけでは対応できず、実際に一歩踏み出すのが億劫になる。

なかなか良い不動産屋さんが見つからない
住んでいる環境はあまり変えたくないけど、離婚したりこのまま居座り続けたら近所の人の目もあるので、逆に住みにくい環境に陥ることも
いつまでも家が売れずに離婚できない夫婦
「とにかく早く売却して終わりにしたい」と一時的な感情に惑わされたため、相場より安い価格で売って後悔した。
買い手が見つからずに時間だけが過ぎ、不動産価格が下がってしまう
ポイントを知らないと価格が上がらない

ローンで相殺されると思っていたけど、数百万お互いに財産分与として分け合う事ができる。

思っていたよりも高額で取引を完了できて、余ったお金で自分に対するご褒美を買えた。
納得のいく価格で売却できれば、妻との離婚もスムーズに進んで新しい生活に入れる
離婚前に任意売却したおかげで、離婚についての問題と一緒にローンからも解放されて離婚後の生活がスッキリとして気持ちで再出発できる。
新しい相手との出会いのためにお金を使える
思ったよりお金が残ってこれから自由な生活が楽しみ
良い不動産会社を選べれば、今後の住まいについても安心してお任せできる

査定額で売却できるとは限らない→机上査定である程度ふるいにかけておくほうが効率がよい

交渉や断リの手間はある→けど代行してくれる一括査定サイトを選べば問題ない
しつこい営業電話をうけるかも⇒電話じゃなくてメールでの査定額を依頼すれば電話はこない
精神的に辛い中でいろいろ対応してくれる
後からお金を請求されないか心配⇒完全無料なので気軽に査定してもらえる
登録している不動産会社によって得意不得意がある。⇒過去に扱った物件のことを不動産会社に聞いてみる。
多くの査定額からの判断が難しい⇒査定額の根拠を確認する

物件に合った不動産会社がみつかる

金額以外にも期日などの条件にマッチした業者を選べる。
仲介会社が怪しい⇒運営会社の母体(大手不動産や名前のある企業)、参加企業、プラバイシーマーク取得などを確認すれば大丈夫
町の不動産屋だけに頼る必要なし
査定価格だけでなく担当者の対応も見て決めることができる
査定根拠をしっかり説明してくれる不動産会社だと自分の家の価値がわかる
住宅は結婚生活において良い思い出も、悪い思い出もあることから、売却することによって夫婦どちらのリスタートにもメリットが多い。

離婚マンション、ローン一括。あと賃貸。は以下のワードで検索されてます

離婚後旦那名義の家に住む 賃貸 離婚 家が欲しい 離婚 住宅ローン 妻が住む 再婚 離婚 マイホーム 住み続ける 離婚しても今の家に 住 みたい 離婚 住宅ローン 妻が住む 公正証書 離婚 住宅ローン 夫が住む 離婚 家 子供 住宅ローン 離婚 ばれる 離婚 持ち家 妻が住む 母子手当 離婚 住宅ローン 妻が住む 養育費 離婚 住宅ローン 妻名義 離婚 持ち家 名義変更 離婚 住宅ローン 銀行 相談 離婚後 旦那名義の家に住む 賃貸 離婚 子供 家のローン 住宅ローン 繰り上げ返済 離婚 居住権 離婚 離婚前 住宅ローン リースバック 離婚 住宅ローン 離婚 変更 住宅ローン 連帯債務者 名義変更 マンション 名義変更 離婚 養育費 住宅ローン 相殺 リースバック 本 離婚 名義変更 期間 離婚 学資保険 再婚期間 離婚後 近くに住む 再婚 マイホーム 元 嫁 再婚 ローン 夫 勝手に家を売る 養育費が わりに 住宅ローン 離婚 家賃 離婚 持ち家 共同名義 離婚 持ち家 財産分与 結婚前 持ち家 離婚 離婚 持ち家 ローン 離婚 妻が住む 名義変更 離婚 妻が家を出る 児童扶養手当 親 名義の家 養育費 借金 相殺 別居 住宅ローン 払わない 離婚後 旦那名義 賃貸 再婚 持ち家 離婚 持ち家 ブログ 離婚 財産分与 家 ローン 離婚 財産分与 家 共同名義 不動産 財産分与 時効 財産分与 家 親 財産分与 家 評価額 離婚 財産分与 家 税金 結婚前 持ち家 離婚 離婚 財産分与 持ち家 ローン 離婚 持ち家 妻が住む 財産 分 与 家 いらない 財産分与 家 死亡 離婚 家 売らない 離婚 家を売るタイミング 離婚 オーバーローン 売却 財産 分 与 不動産 競売 離婚 住宅ローン 妻が住む 離婚 住宅ローン 折半 離婚 住宅ローン 支払い義務 住宅ローン 離婚できない 離婚 住宅ローン 名義変更 養育費 住宅ローン きつい 財産分与 家 売らない 財産分与 家 結婚前 離婚 財産分与 貯金 リース バック 離婚 離婚 財産分与 家 頭金 財産 分 与 競売 離婚前に名義変更 土地と家の名義が違う 離婚 妻名義の家 離婚 離婚 住宅ローン 妻が住む 名義変更 住宅ローン 名義変更 手数料 共同名義のまま離婚 離婚 財産分与 専業主婦 離婚 車 オーバーローン 離婚 車 名義 離婚 財産分与 退職金 離婚 財産分与 借金 離婚 持ち家 オーバーローン 持ち家 離婚率 離婚 持ち家 ローン フジモン 自宅 売却 家を購入したときに両家の両親に頭金をそれぞれもらった場合の財産分与はどうなりますか?家を購入したときに両家の両親が頭金を支払った場合(親からの贈与があった場合)、その頭金は、夫婦が協力して形成したものではない財産として、特有財産となります。なお、残ローンがある場合は、不動産の評価額から、基準時の残ローンを控除した金額を不動産の実質的な価値と評価し、基準時後に一方当事者がローンの支払を行った場合は、その部分は夫婦が協力して形成した資産とはみなさず、親からの贈与と同様の処理をすることになります。家の名義人が夫でローンが完済してから売却する場合は妻に知らせる必要はありますか?完済して残ローンがない場合、家は財産分与の対象となるので、妻に知らせる必要があります。ただし、既に財産分与が済んでいる場合には、妻が家に住み続けているといった特殊な事情がない限り、知らせる必要はありません。親から相続した家は財産分与の対象にならないと思いますが、それを売却したお金で婚姻中に家を購入した場合は財産分与の対象になりますか?仰るとおり、親から相続した家は特有財産であり、財産分与の対象外です。また、家を売却して得たお金も、家がお金に形を変えただけであり、このお金で新たに購入した家も特有財産であるので、財産分与の対象にはなりません。ただし、新たに購入した家のローンを共有財産から支払っていた場合には、例外的に、当該ローン分は共有財産として財産分与の対象となります。熟年離婚をして財産分与したとき家はどうしたらいいですか?熟年離婚の場合も、それ以外の離婚の場合と変わりません。家を売却する場合には、仲介不動産業者に売却してもらい、その売却代金を折半します。ただし、オーバーローンの場合には売却は難しいでしょう。また、どちらかが住み続ける場合には、仲介不動産業者や不動産鑑定士等に家の査定・鑑定をしてもらい、その査定額・鑑定額の半額を住まない方に渡すことになります。 家を購入したときに両家の両親が頭金を支払った場合(親からの贈与があった場合)、その頭金は、夫婦が協力して形成したものではない財産として、特有財産となります。なお、残ローンがある場合は、不動産の評価額から、基準時の残ローンを控除した金額を不動産の実質的な価値と評価し、基準時後に一方当事者がローンの支払を行った場合は、その部分は夫婦が協力して形成した資産とはみなさず、親からの贈与と同様の処理をすることになります。 完済して残ローンがない場合、家は財産分与の対象となるので、妻に知らせる必要があります。ただし、既に財産分与が済んでいる場合には、妻が家に住み続けているといった特殊な事情がない限り、知らせる必要はありません。 仰るとおり、親から相続した家は特有財産であり、財産分与の対象外です。また、家を売却して得たお金も、家がお金に形を変えただけであり、このお金で新たに購入した家も特有財産であるので、財産分与の対象にはなりません。ただし、新たに購入した家のローンを共有財産から支払っていた場合には、例外的に、当該ローン分は共有財産として財産分与の対象となります。 熟年離婚の場合も、それ以外の離婚の場合と変わりません。家を売却する場合には、仲介不動産業者に売却してもらい、その売却代金を折半します。ただし、オーバーローンの場合には売却は難しいでしょう。また、どちらかが住み続ける場合には、仲介不動産業者や不動産鑑定士等に家の査定・鑑定をしてもらい、その査定額・鑑定額の半額を住まない方に渡すことになります。 離婚 財産分与 家 名義変更 離婚 財産分与 家 オーバーローン 離婚 財産分与 車 持ち家 離婚住宅ローン 離婚 ばれる 離婚後 家 売る 離婚 家が売れない 離婚 家の査定 離婚 住宅ローン 折半 住宅ローン 保証人 変更 手続き 楽天銀行住宅ローン 離婚 財産 分 与 マイホーム 共同 ローン 払わ ない 夫 お金 離婚 財産 分 与 負担付 フラット35 離婚 バツイチ 住宅ローン 再婚 離婚 住宅ローン 妻が住む 再婚 離婚 住宅ローン 支払い義務 離婚 住宅ローン 連帯債務 離婚 オーバーローン 売却 夫が住宅ローンを 払わ ない 離婚後の 滞納金 支払い 請求 離婚 住宅ローン 払えない 離婚後 支払い 離婚 オーバーローン 折半 離婚 住宅ローン 妻が住む 離婚 住宅ローン 共有名義 離婚 住宅ローン 借り換え 離婚 住宅ローン 財産分与 住宅ローン 共有名義 連帯債務 離婚 住宅ローン 借り換え 審査 離婚 連帯債務 離婚 抜ける 住宅ローン 連帯債務 解除 住宅ローン 連帯債務 外す 離婚 住宅ローン 連帯保証人 ペアローン 離婚 離婚 住宅ローン 銀行 相談 住宅ローン名義変更 離婚 離婚 したい けど 住宅ローン離婚時の財産分与、不動産売却でまずすべきことは?夫妻のどちらも住まない場合の注意点とは?売却せずに妻が今後も住む場合の注意点とは? 離婚 家 手放す 離婚 不動産売却 新築 売却 離婚 離婚 家を売るタイミング 家を売る理由 離婚 離婚前に家を売る 任意売却 離婚 家の査定妻や夫に知られずに家の査定ができるか夫名義(単有名義)の家は妻に相談せずに売却可能か 家が売れたら 離婚 家を売る理由 離婚 離婚 不動産 離婚調停中 不動産売却 離婚 家 手放す 財産 分 与 家の価値 任意売却 離婚 離婚 家が欲しい 隣の家 離婚 離婚 オーバーローン 売却離婚 不利になる言葉 離婚を切り出した方が不利 離婚 有利に進める 女 離婚 有利に進める 男 離婚したい 離婚調停 不利な発言 離婚 親権 離婚調停 女性有利 離婚弁護士 離婚手続きアンダーローン 住み替え アンダーローン 個人再生 オーバーローンとは 任意売却とは 離婚 住宅ローン 離婚 財産分与 ローン 車 財産分与 住宅ローン控除 財産 分 与 ローン 住宅 離婚 住宅ローン 夫が住む 離婚 財産 分 与 家 住宅ローン 財産 分 与 連帯保証 財産分与 オーバーローン 預金 家 ローン 放棄 夫 ローン 払わ ない 離婚 負債 折半 離婚 住宅ローン 売却 住宅ローン 保証人 払えない 家が売れたら 離婚 離婚 不動産売却 東京高裁平成10年3月13日 離婚 アンダーローン 財産分与 離婚 財産 分 与 家 専業主婦 財産 分 与 オーバーローン 預金 オーバーローン 賃貸 離婚 離婚 清算条項 財産 分 与 離婚 財産 分 与 事例 財産分与 アンダーローン 離婚 住宅ローン 折半 住宅ローン 離婚できない 離婚 住宅ローン 支払い義務 離婚 住宅ローン 妻が住む 離婚 家のローン 共同名義 家ローン 離婚 共有不動産問題相談センター 相談 住宅ローンの 折半 オーバーローン 調べる 家 オーバーローン 離婚 住宅ローン 妻 支払い義務 住宅ローン 離婚 できない 住宅ローン 売却 残債 離婚 住宅ローン 借り換え 離婚 オーバーローン 養育費 オーバーローン 財産分与 判例 オーバーローン 財産分与 対象外 アンダーローンとは 財産分与 オーバーローン 通算 オーバーローン 任意売却住宅ローン 離婚 ばれる 離婚 住宅ローン 折半 離婚 住宅ローン 支払い義務 離婚 住宅ローン 妻が住む ペアローン 離婚 離婚 住宅ローン 連帯債務 離婚 住宅ローン 銀行 相談 住宅ローン名義変更 離婚 離婚 したい けど 住宅ローン 離婚 住宅ローン 払えない 離婚後 家 売る 離婚 家が売れない 離婚 家の査定 住宅ローン 保証人 変更 手続き 楽天銀行住宅ローン 離婚 財産 分 与 マイホーム 共同 ローン 払わ ない 夫 お金 離婚 財産 分 与 負担付 フラット35 離婚 バツイチ 住宅ローン 再婚 離婚 住宅ローン 妻が住む 再婚 離婚 オーバーローン 売却 夫が住宅ローンを 払わ ない 離婚後の 滞納金 支払い 請求 離婚後 支払い 離婚 オーバーローン 折半 離婚 住宅ローン 共有名義 離婚 住宅ローン 借り換え 離婚 住宅ローン 財産分与 住宅ローン 共有名義 連帯債務 離婚 住宅ローン 借り換え 審査 離婚 連帯債務 離婚 抜ける 住宅ローン 連帯債務 解除 住宅ローン 連帯債務 外す 離婚 住宅ローン 連帯保証人住宅ローン 共有名義 死亡 住宅ローン 共有名義 親子 離婚 住宅ローン 共有名義 借り換え 家の名義変更 離婚後 住宅ローン 共有名義 変更 住宅ローン 共有名義 兄弟 離婚 住宅ローン 支払い義務 離婚 マイホーム 住み続ける 住宅ローン 折半 バツイチ 旦那 住宅ローン 住宅ローン 払えない コロナ 任意売却 共同名義 名義変更 持分買取 ローン 住宅ローン 保証人 変更 手続き 住宅ローン 債務者 変更 住宅ローン 払えない人 特徴 住宅ローン 払えない 体験談 住宅ローン 払えない 知恵袋 住宅ローン払えない場合 競売物件 住宅ローン 借り換え 審査 離婚 連帯債務 離婚 抜ける 住宅ローン 連帯債務 解除 住宅ローン 連帯債務 外す 離婚 住宅ローン 連帯保証人 住宅ローン控除 本人が住んで いない ペアローン 後悔 ペアローン 離婚 ペアローン シミュレーション ペアローン 住宅ローン控除 計算 ペアローン 片方 完済 ペアローン 収入合算 離婚 住宅ローン 折半 離婚 住宅ローン 妻が住む 住宅ローン 離婚できない 離婚 住宅ローン 借り換え 離婚 住宅ローン 財産分与 相手に原因がある場合、慰謝料は必ずもらえるのでしょうか?夫婦の離婚に際しては、離婚の原因となった浮気や、離婚したこと自体により、精神的損害を被ったとして、慰謝料の請求ができる場合があります。相手に法律上の離婚の原因がある場合、たとえば、相手が浮気をしたことが原因で離婚する場合には、相手に対して、慰謝料を請求することができます。一方、性格の不一致による離婚など、どちらか一方に法律上の離婚の原因があるとはいえないような場合には、慰謝料を請求することはできません。なお、慰謝料を請求する権利は、3年で時効により消滅しますので、この点には注意が必要です。相手が慰謝料を払う約束をしたのに、払ってくれません。どうやって解決したら良いでしょうか?相手と慰謝料を払う約束をした方法によって解決方法は分かれます。まず、慰謝料を払う約束について、公正証書を作成している場合や、または、家庭裁判所での調停手続きの中で合意して調停調書が作成されている場合には、それらの書面にもとづいて、直ちに相手の財産から慰謝料を強制的に回収すること(強制執行)ができます。一方、公正証書や調停調書がなく、口頭や私的な合意書面による約束である場合には、民事裁判を起こすことが考えられます。民事裁判により勝訴判決を得ることができた場合には、その判決にもとづいて、強制執行ができるようになります。お互い納得して慰謝料なしで離婚したのに、後日慰謝料を請求されました。払わなければならないのでしょうか?慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金のことです。お互い納得して慰謝料なしで離婚した場合には、原則として、後日、慰謝料を請求することはできません。しかし、離婚前に相手が浮気をしていたにもかかわらず、その事実を知らないまま、慰謝料なしで離婚した場合には、慰謝料なしとの合意は無効であるとして、後日、慰謝料の請求ができる場合があります。婚約破棄をされた場合、慰謝料は請求できますか?婚約は、男女の間に「将来結婚しよう」という合意があれば、成立します。婚約が成立していたのかどうかという判断が難しいケースもあります。エンゲージリングの交換や結納をした事実は、当事者間の婚姻の意思を外形的に表すものとして、婚約の成立を証する事実の1つになります。正当な理由もなく婚約を破棄された場合、慰謝料を請求できる場合があります。なお、婚約により、婚姻に向けた準備を進めることが考えられ、婚約を一方的に破棄されると、婚姻に向けた準備のためにかかった費用などの財産的な損害も生じます。このような財産的な損害についても、損害賠償の対象となる場合があります。一度決めた生活費の増減は可能ですか?夫婦が別居するにあたって、あらかじめ契約書や公正証書等により具体的な婚姻費用の分担の合意をしておく場合があります。このような合意はもちろん有効です。もっとも、勤めていた会社が倒産したり、生活環境が著しく変わってしまった等、様々な事情の変更により生活費の増額や減額が必要となる場合も考えられます。そのような場合には、その旨の調停を求めることは可能です。夫が破産した場合、生活費はもらえますか?夫婦が別居するにあたって、あらかじめ契約書や公正証書等により具体的な婚姻費用の分担の合意をしておく場合があります。ただし、婚姻費用の分担の合意をしていたとしても、夫に浪費癖があったりする場合などには、婚姻費用の支払を後回しにして浪費してしまい、結果、夫が破産してしまうということも考えられます。もっとも、破産法上、婚姻費用の分担の義務に係る請求権については、免責されないとされています。したがって、夫が破産した場合であっても、婚姻費用を請求することができます。専業主婦でも財産を1/2で分けなければいけないのか?財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して形成した財産をそれぞれの財産への寄与度に応じて分配する手続きです。専業主婦の場合には、家事労働の財産形成への寄与度により判断されることになります。この点について、家事労働が妻によりなされている結果、夫が仕事に専念でき、収入を得ることができていると考えれば、妻は家事労働により、財産形成の半分に寄与していると考えることができます。ただ、実際の裁判では、夫が医者であったり経営者であったりして夫の才覚が財産の形成に大きく寄与している場合には、夫の側に寄与分をやや多めに認める裁判例もあります。別居後に貯めたお金も分与の対象なのか?財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して形成した財産をそれぞれの財産への寄与度に応じて分配する手続きです。したがって、夫婦それぞれが、相手方の寄与なく単独で形成した財産については、財産分与の対象とはなりません。婚姻前から、夫婦それぞれが有していた財産がこの典型例であり、「特有財産」と呼ばれます。別居後に貯めたお金については、原則として、他方配偶者の寄与なく、単独で形成した財産ということができ、特有財産にあたるといえるでしょう。したがって、財産分与の対象とはならないと考えられます。年金分割とは何ですか?年金分割とは、夫婦間において、将来、受領できる年金額に格差があるという不都合を是正するため、離婚する場合に、年金の標準報酬額の改定を申し立て、申立者が、改定後の標準報酬に基づいて、年金を受領することができるとした制度です。なお、分割の対象となるのは、婚姻期間中の被申立者の保険料納付実績であり、受給している年金額の一部を他方に分けるものではありません。相手に財産がない。この場合、何も請求できないのか?財産分与とは、基本的には夫婦が婚姻中に協力して蓄積した財産を清算するというところを目的としています。そうすると、結婚生活中に、夫婦で築いてきた財産が全くないとなると、財産分与として請求することはできません。ただ、例えば、厚生年金の保険料を支払ってきた場合などには、年金分割を請求することはできます。authense.jp のその他のコンテンツを表示すべて表示折りたたむ 相手に原因がある場合、慰謝料は必ずもらえるのでしょうか?夫婦の離婚に際しては、離婚の原因となった浮気や、離婚したこと自体により、精神的損害を被ったとして、慰謝料の請求ができる場合があります。相手に法律上の離婚の原因がある場合、たとえば、相手が浮気をしたことが原因で離婚する場合には、相手に対して、慰謝料を請求することができます。一方、性格の不一致による離婚など、どちらか一方に法律上の離婚の原因があるとはいえないような場合には、慰謝料を請求することはできません。なお、慰謝料を請求する権利は、3年で時効により消滅しますので、この点には注意が必要です。相手が慰謝料を払う約束をしたのに、払ってくれません。どうやって解決したら良いでしょうか?相手と慰謝料を払う約束をした方法によって解決方法は分かれます。まず、慰謝料を払う約束について、公正証書を作成している場合や、または、家庭裁判所での調停手続きの中で合意して調停調書が作成されている場合には、それらの書面にもとづいて、直ちに相手の財産から慰謝料を強制的に回収すること(強制執行)ができます。一方、公正証書や調停調書がなく、口頭や私的な合意書面による約束である場合には、民事裁判を起こすことが考えられます。民事裁判により勝訴判決を得ることができた場合には、その判決にもとづいて、強制執行ができるようになります。お互い納得して慰謝料なしで離婚したのに、後日慰謝料を請求されました。払わなければならないのでしょうか?慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金のことです。お互い納得して慰謝料なしで離婚した場合には、原則として、後日、慰謝料を請求することはできません。しかし、離婚前に相手が浮気をしていたにもかかわらず、その事実を知らないまま、慰謝料なしで離婚した場合には、慰謝料なしとの合意は無効であるとして、後日、慰謝料の請求ができる場合があります。婚約破棄をされた場合、慰謝料は請求できますか?婚約は、男女の間に「将来結婚しよう」という合意があれば、成立します。婚約が成立していたのかどうかという判断が難しいケースもあります。エンゲージリングの交換や結納をした事実は、当事者間の婚姻の意思を外形的に表すものとして、婚約の成立を証する事実の1つになります。正当な理由もなく婚約を破棄された場合、慰謝料を請求できる場合があります。なお、婚約により、婚姻に向けた準備を進めることが考えられ、婚約を一方的に破棄されると、婚姻に向けた準備のためにかかった費用などの財産的な損害も生じます。このような財産的な損害についても、損害賠償の対象となる場合があります。一度決めた生活費の増減は可能ですか?夫婦が別居するにあたって、あらかじめ契約書や公正証書等により具体的な婚姻費用の分担の合意をしておく場合があります。このような合意はもちろん有効です。もっとも、勤めていた会社が倒産したり、生活環境が著しく変わってしまった等、様々な事情の変更により生活費の増額や減額が必要となる場合も考えられます。そのような場合には、その旨の調停を求めることは可能です。夫が破産した場合、生活費はもらえますか?夫婦が別居するにあたって、あらかじめ契約書や公正証書等により具体的な婚姻費用の分担の合意をしておく場合があります。ただし、婚姻費用の分担の合意をしていたとしても、夫に浪費癖があったりする場合などには、婚姻費用の支払を後回しにして浪費してしまい、結果、夫が破産してしまうということも考えられます。もっとも、破産法上、婚姻費用の分担の義務に係る請求権については、免責されないとされています。したがって、夫が破産した場合であっても、婚姻費用を請求することができます。専業主婦でも財産を1/2で分けなければいけないのか?財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して形成した財産をそれぞれの財産への寄与度に応じて分配する手続きです。専業主婦の場合には、家事労働の財産形成への寄与度により判断されることになります。この点について、家事労働が妻によりなされている結果、夫が仕事に専念でき、収入を得ることができていると考えれば、妻は家事労働により、財産形成の半分に寄与していると考えることができます。ただ、実際の裁判では、夫が医者であったり経営者であったりして夫の才覚が財産の形成に大きく寄与している場合には、夫の側に寄与分をやや多めに認める裁判例もあります。別居後に貯めたお金も分与の対象なのか?財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して形成した財産をそれぞれの財産への寄与度に応じて分配する手続きです。したがって、夫婦それぞれが、相手方の寄与なく単独で形成した財産については、財産分与の対象とはなりません。婚姻前から、夫婦それぞれが有していた財産がこの典型例であり、「特有財産」と呼ばれます。別居後に貯めたお金については、原則として、他方配偶者の寄与なく、単独で形成した財産ということができ、特有財産にあたるといえるでしょう。したがって、財産分与の対象とはならないと考えられます。年金分割とは何ですか?年金分割とは、夫婦間において、将来、受領できる年金額に格差があるという不都合を是正するため、離婚する場合に、年金の標準報酬額の改定を申し立て、申立者が、改定後の標準報酬に基づいて、年金を受領することができるとした制度です。なお、分割の対象となるのは、婚姻期間中の被申立者の保険料納付実績であり、受給している年金額の一部を他方に分けるものではありません。相手に財産がない。この場合、何も請求できないのか?財産分与とは、基本的には夫婦が婚姻中に協力して蓄積した財産を清算するというところを目的としています。そうすると、結婚生活中に、夫婦で築いてきた財産が全くないとなると、財産分与として請求することはできません。ただ、例えば、厚生年金の保険料を支払ってきた場合などには、年金分割を請求することはできます。authense.jp のその他のコンテンツを表示 夫婦の離婚に際しては、離婚の原因となった浮気や、離婚したこと自体により、精神的損害を被ったとして、慰謝料の請求ができる場合があります。相手に法律上の離婚の原因がある場合、たとえば、相手が浮気をしたことが原因で離婚する場合には、相手に対して、慰謝料を請求することができます。一方、性格の不一致による離婚など、どちらか一方に法律上の離婚の原因があるとはいえないような場合には、慰謝料を請求することはできません。なお、慰謝料を請求する権利は、3年で時効により消滅しますので、この点には注意が必要です。 相手と慰謝料を払う約束をした方法によって解決方法は分かれます。まず、慰謝料を払う約束について、公正証書を作成している場合や、または、家庭裁判所での調停手続きの中で合意して調停調書が作成されている場合には、それらの書面にもとづいて、直ちに相手の財産から慰謝料を強制的に回収すること(強制執行)ができます。一方、公正証書や調停調書がなく、口頭や私的な合意書面による約束である場合には、民事裁判を起こすことが考えられます。民事裁判により勝訴判決を得ることができた場合には、その判決にもとづいて、強制執行ができるようになります。 慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金のことです。お互い納得して慰謝料なしで離婚した場合には、原則として、後日、慰謝料を請求することはできません。しかし、離婚前に相手が浮気をしていたにもかかわらず、その事実を知らないまま、慰謝料なしで離婚した場合には、慰謝料なしとの合意は無効であるとして、後日、慰謝料の請求ができる場合があります。 婚約破棄をされた場合、慰謝料は請求できますか?婚約は、男女の間に「将来結婚しよう」という合意があれば、成立します。婚約が成立していたのかどうかという判断が難しいケースもあります。エンゲージリングの交換や結納をした事実は、当事者間の婚姻の意思を外形的に表すものとして、婚約の成立を証する事実の1つになります。正当な理由もなく婚約を破棄された場合、慰謝料を請求できる場合があります。なお、婚約により、婚姻に向けた準備を進めることが考えられ、婚約を一方的に破棄されると、婚姻に向けた準備のためにかかった費用などの財産的な損害も生じます。このような財産的な損害についても、損害賠償の対象となる場合があります。一度決めた生活費の増減は可能ですか?夫婦が別居するにあたって、あらかじめ契約書や公正証書等により具体的な婚姻費用の分担の合意をしておく場合があります。このような合意はもちろん有効です。もっとも、勤めていた会社が倒産したり、生活環境が著しく変わってしまった等、様々な事情の変更により生活費の増額や減額が必要となる場合も考えられます。そのような場合には、その旨の調停を求めることは可能です。夫が破産した場合、生活費はもらえますか?夫婦が別居するにあたって、あらかじめ契約書や公正証書等により具体的な婚姻費用の分担の合意をしておく場合があります。ただし、婚姻費用の分担の合意をしていたとしても、夫に浪費癖があったりする場合などには、婚姻費用の支払を後回しにして浪費してしまい、結果、夫が破産してしまうということも考えられます。もっとも、破産法上、婚姻費用の分担の義務に係る請求権については、免責されないとされています。したがって、夫が破産した場合であっても、婚姻費用を請求することができます。専業主婦でも財産を1/2で分けなければいけないのか?財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して形成した財産をそれぞれの財産への寄与度に応じて分配する手続きです。専業主婦の場合には、家事労働の財産形成への寄与度により判断されることになります。この点について、家事労働が妻によりなされている結果、夫が仕事に専念でき、収入を得ることができていると考えれば、妻は家事労働により、財産形成の半分に寄与していると考えることができます。ただ、実際の裁判では、夫が医者であったり経営者であったりして夫の才覚が財産の形成に大きく寄与している場合には、夫の側に寄与分をやや多めに認める裁判例もあります。別居後に貯めたお金も分与の対象なのか?財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して形成した財産をそれぞれの財産への寄与度に応じて分配する手続きです。したがって、夫婦それぞれが、相手方の寄与なく単独で形成した財産については、財産分与の対象とはなりません。婚姻前から、夫婦それぞれが有していた財産がこの典型例であり、「特有財産」と呼ばれます。別居後に貯めたお金については、原則として、他方配偶者の寄与なく、単独で形成した財産ということができ、特有財産にあたるといえるでしょう。したがって、財産分与の対象とはならないと考えられます。年金分割とは何ですか?年金分割とは、夫婦間において、将来、受領できる年金額に格差があるという不都合を是正するため、離婚する場合に、年金の標準報酬額の改定を申し立て、申立者が、改定後の標準報酬に基づいて、年金を受領することができるとした制度です。なお、分割の対象となるのは、婚姻期間中の被申立者の保険料納付実績であり、受給している年金額の一部を他方に分けるものではありません。相手に財産がない。この場合、何も請求できないのか?財産分与とは、基本的には夫婦が婚姻中に協力して蓄積した財産を清算するというところを目的としています。そうすると、結婚生活中に、夫婦で築いてきた財産が全くないとなると、財産分与として請求することはできません。ただ、例えば、厚生年金の保険料を支払ってきた場合などには、年金分割を請求することはできます。authense.jp のその他のコンテンツを表示 婚約は、男女の間に「将来結婚しよう」という合意があれば、成立します。婚約が成立していたのかどうかという判断が難しいケースもあります。エンゲージリングの交換や結納をした事実は、当事者間の婚姻の意思を外形的に表すものとして、婚約の成立を証する事実の1つになります。正当な理由もなく婚約を破棄された場合、慰謝料を請求できる場合があります。なお、婚約により、婚姻に向けた準備を進めることが考えられ、婚約を一方的に破棄されると、婚姻に向けた準備のためにかかった費用などの財産的な損害も生じます。このような財産的な損害についても、損害賠償の対象となる場合があります。 夫婦が別居するにあたって、あらかじめ契約書や公正証書等により具体的な婚姻費用の分担の合意をしておく場合があります。このような合意はもちろん有効です。もっとも、勤めていた会社が倒産したり、生活環境が著しく変わってしまった等、様々な事情の変更により生活費の増額や減額が必要となる場合も考えられます。そのような場合には、その旨の調停を求めることは可能です。 夫婦が別居するにあたって、あらかじめ契約書や公正証書等により具体的な婚姻費用の分担の合意をしておく場合があります。ただし、婚姻費用の分担の合意をしていたとしても、夫に浪費癖があったりする場合などには、婚姻費用の支払を後回しにして浪費してしまい、結果、夫が破産してしまうということも考えられます。もっとも、破産法上、婚姻費用の分担の義務に係る請求権については、免責されないとされています。したがって、夫が破産した場合であっても、婚姻費用を請求することができます。 財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して形成した財産をそれぞれの財産への寄与度に応じて分配する手続きです。専業主婦の場合には、家事労働の財産形成への寄与度により判断されることになります。この点について、家事労働が妻によりなされている結果、夫が仕事に専念でき、収入を得ることができていると考えれば、妻は家事労働により、財産形成の半分に寄与していると考えることができます。ただ、実際の裁判では、夫が医者であったり経営者であったりして夫の才覚が財産の形成に大きく寄与している場合には、夫の側に寄与分をやや多めに認める裁判例もあります。 財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して形成した財産をそれぞれの財産への寄与度に応じて分配する手続きです。したがって、夫婦それぞれが、相手方の寄与なく単独で形成した財産については、財産分与の対象とはなりません。婚姻前から、夫婦それぞれが有していた財産がこの典型例であり、「特有財産」と呼ばれます。別居後に貯めたお金については、原則として、他方配偶者の寄与なく、単独で形成した財産ということができ、特有財産にあたるといえるでしょう。したがって、財産分与の対象とはならないと考えられます。 年金分割とは、夫婦間において、将来、受領できる年金額に格差があるという不都合を是正するため、離婚する場合に、年金の標準報酬額の改定を申し立て、申立者が、改定後の標準報酬に基づいて、年金を受領することができるとした制度です。なお、分割の対象となるのは、婚姻期間中の被申立者の保険料納付実績であり、受給している年金額の一部を他方に分けるものではありません。 財産分与とは、基本的には夫婦が婚姻中に協力して蓄積した財産を清算するというところを目的としています。そうすると、結婚生活中に、夫婦で築いてきた財産が全くないとなると、財産分与として請求することはできません。ただ、例えば、厚生年金の保険料を支払ってきた場合などには、年金分割を請求することはできます。 すべて表示 共同名義 住宅ローン 離婚 共同名義のまま離婚 住宅ローン 連帯債務者 離婚 離婚 住宅ローン 払えない 離婚 住宅ローン 妻が住む 名義変更 共有名義 変更離婚 住宅ローン 妻が住む 再婚 離婚 そのまま住む 離婚しても今の家に 住 みたい 離婚後旦那名義の家に住む 賃貸 離婚 持ち家 妻が住む 母子手当 離婚 住宅ローン 夫が住む 離婚 住宅ローン 妻が住む 公正証書 離婚 妻が住み続ける 可能 離婚 家が欲しい 離婚 持ち家 賃貸契約 離婚 住宅ローン 妻が住む 養育費 離婚 住宅ローン 妻名義 離婚 持ち家 名義変更 離婚 住宅ローン 銀行 相談 バツイチ 住宅ローン 再婚 離婚 子供 家のローン 住宅ローン 繰り上げ返済 離婚 居住権 離婚 離婚前 住宅ローン 養育費 借金 相殺 元 嫁 再婚 ローン 夫 勝手に家を売る 養育費が わりに 住宅ローン 離婚 家賃 養育費 子供3人 住宅ローン 離婚した家に住む 風水 新築離婚 家が売れたら離婚 離婚 家売却 財産分与 家を売る理由 離婚 新築 購入後 離婚 離婚 マンション売却 住宅ローン 売却 残債 離婚 離婚 持ち家 ブログ 離婚 名義変更 期間 離婚 学資保険 再婚期間 離婚後 近くに住む 再婚 マイホーム 別居 住宅ローン 払わない 離婚後 旦那名義 賃貸 再婚 持ち家 離婚してあげた方がいい 離婚 妻が住む 名義変更 離婚 住宅ローン 支払い義務 家買ってすぐ離婚 離婚 住宅ローン 共有名義 離婚 住宅ローン 折半 任意売却 財産 分 与 離婚前に住宅ローン